医療的ケア児の撮影始めます

お客様ファースト!

お問い合わせフォーム
LINE相談
撮影メニュー案内
アクセス

医療的ケア児の撮影始めます

お知らせ

きっかけは民生委員になって

医療的ケア児に記念写真を

 きっかけは、カメラマン菊地が地域の民生委員を務めており、
県の施設の「くくるん」を見学し、写真館として出来ることを考えました。
京都市の同業者が医療的ケア児向けの、背中が開いた衣装を
開発・レンタルしているのを知り、導入することに決めました。
 以前から、発達障害のお子様の記念写真を積極的に受け入れており、
「記念写真を撮ってあげたい」親御さんの気持ちに応えられたらと思っています。

工夫盛りだくさんの衣装たち

バギーカバーもあります

「お子さまがひとりで座っているよう」で嬉しい!
とお母様も感動されました。
二部式の作りでお子様が座ったまま
いつものバギーにカバーが出来ます。

今のところ、レンタルするカタチなのですが、
少しずつ当館の所有も考えております。ぜひご相談ください。

最新情報

PAGE TOP