宇都宮 写真館 発達障害のお子様の七五三撮影 自閉症で写真嫌いでも撮れた

撮影時には楽しさを 仕上がりには満足を

がモットーのカズサヤ写真館の菊地です。
先日、発達障害の自閉症のお子様の撮影をしました。

はじまりはお電話→のちにLINEでご連絡

最初はお電話でお問い合わせをいただき、

その後、当店にLINEのご連絡をいただきました。

5歳の息子さんが自閉症で写真嫌いであること。

七五三の記念写真を『撮れるものなら撮りたい』という親心。

そのお気持ちが強く伝わって参りました。

 

見学の日

後日、来店されスタジオで話を伺いながら

羽織袴の着付けを試してみる。

お子様は全力で拒否。

 

私共が

「洋服でも撮影している5歳のお子様もいらっしゃいます。」

とお伝えしましたら

ご両親は考慮のすえ、洋服で撮影することを選ばれました。

 

撮影日当日

お着換えして「撮ろう!」となりましたが、

息子さんが、撮影場所に移動してくれません・・・

ご自宅から、息子さんのお気に入りのおもちゃをお持ちいただいて、

それを使って撮影場所に誘導しました。

記念写真としては、おもちゃがないシーンを撮りたかったので、

徐々におもちゃを写らない場所に寄せながら撮影したのが

こちら↓のお写真です^^;

 

お一人でも撮れました^^

家族写真のあとにお一人の写真も撮りたいと思い、

ご両親にパッと左右に移動してもらい、お撮りできたのが、

こちら↓のお写真です。

実は脇にご両親がいらっしゃいます^^

お菓子を手に持ってますが、千歳飴も持って姿勢よく写ってるのでGoodですね^^

 

白シャツにお着換えして再トライ!

カジュアルな服装なら、大好きなおもちゃとの写真も記念になるかなと思います^^

 

窓際に移動して家族写真♪

笑顔をお撮りしたいと思っていたのですが、なかなか撮れなかったので、

ご両親に息子さんをくすぐっていただきました^^

そのお写真がこちら↓です。

いい感じに撮れたと思います♪

最後にカメラ目線も撮りたかったので、お撮りしたのがこちら↓↓

良いお写真が撮れました♪

 

ご家族様の感想

日々の息子の様子から、撮影依頼はしたものの、撮れない確率の方が高いと思って当日を迎えました。

しかし、お菓子休憩、気持ちの切り替え休憩…たくさんの休憩をする息子のタイミングを尊重して撮影して下さいました。

結果、親子3人が笑顔で1枚の写真に写る。という、我が家にとっては貴重なショットも撮っていただくことが出来ました。

諦めなくてよかったです。
本当にありがとうございました。

 

ご協力に感謝いたします

このブログ記事が

同じようなお子様を持つ親御様の

一助となることを願います。

掲載にご協力いただいたご家族様に感謝申し上げます!

本当にありがとうございました!

 

同様のお悩みをもつ、親御さま、

ぜひ一度、ご来店してみませんか?

ご検討くださいませ^^

友だち追加

↑当館LINEアカウントにお気軽にお問合せください。

カズサヤHP お子様の撮影が困難かもと思ったら のページ

カズサヤHP おすすめWEBプランはこちら>>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください